川崎市 多摩区の介護タクシー 福祉タクシー

川崎市 麻生区、多摩区、宮前区、横浜市青葉区、都筑区とその周辺地域を中心に

介護福祉タクシーを運営しています。
発着地いずれかが「神奈川県」であればご利用できます。

介護タクシーは高い!?

と思われている方は多い様です。一般のタクシーでも、贅沢品、贅沢サービスとのイメージが強いので、初めて利用される場合など、 料金に対する不安も大きいかも知れません。

川崎市 多摩区の介護タクシー 福祉タクシー *1「ベッドから起こし車椅子に移乗、部屋から廊下、玄関の框を下り外へ。道路、車庫までの階段は家族総出で対応。 車椅子から自家用車へ移乗し、車椅子をトランクに。病院でまた車椅子へ。診察が終わればその逆をもう一度。」

若い人が介助してもこの過程は大変ですし、怪我や事故の心配もあります。通院の為に休暇を取得する事もあるでしょう。 このプロセスを対価を頂き行うのが介護タクシーです。

介護タクシーは、一般タクシーでは提供出来ない、直接的な介助と運転の両方を提供するサービスです。その為、運賃とは別に、 ご利用者への必要な対応(介助)を行う為の介助料や待機・付添など、介護タクシー独自のサービス費用が設定されています。

予約が基本で、駅待ちや流しでは営業していません。ご利用者お一人に掛かる時間も、迎車や介助含めると、目的地までワンメーターの距離であっても、 1時間掛かる事もあります。通院では往復利用される方が多いので、一日に請けられる件数も限られます。これらの要素により、介助料や待機料などで、 運賃以外の費用が掛かるのが、介護タクシーの特徴です。

介助と介助料

川崎市 多摩区の介護タクシー 福祉タクシー 介護タクシーの介助項目
介護タクシーのサービスは、基本、ドアtoドアですが、ドアtoドアで済む送迎は少ないです。その他の介助がどれだけ必要かで費用が上下します。 項目を設定して加算や、かかった時間で請求など、業者で異なり統一されていません。チラシやホームページでは、介助料や介助範囲等、 細かな説明を載せている所は少なく、基本介助料のみの記載で、他は別料金と言うケースもあります。代表的な介助項目としては以下の介助があります。 費用は相場です。

1.基本(乗降)介助
利用すれば必ず生じる介助サービスで、車への乗り降りに対する介助です。1乗車1,000円としている所が多いです。介護タクシーは、 車椅子をリフトやスロープを使い乗降します。労力はあまり必要ないので、特殊車両利用料的な意味合いが強い物です。

2.移乗介助
ベッドから車椅子、車椅子から車のシート等へ、ご利用者を移す場合生じる介助です。1乗車1,000円~位ですが、 ご利用者の体格や状態により、難易度が高ければ単価が上がる場合もあるようです。

3.移動介助
屋内介助や院内介助(付添とは異なる)と分けて設定している所もあります。主に、屋内外や施設病院内外での移動を行なった際生じる介助で、
・転退院等で、病室まで出向く場合。
・居室から外へ。
等、ドアtoドアで対応できない場合に生じます。1乗車1,000円~位ですが、掛かる時間やロケーションにより、単価が変動する場合もあるようです。

4.階段介助
介助の中で、最も体力が必要で、技術、コツが要求される介助です。提供出来ない業者もあります。1フロアー1,000円~からとしている所が多いです。 フロアーの数え方は、3階への昇り(降り)介助であれば、1階から2階で1フロアー、2階から3階で1フロアーの計2フロアー(2,000円)になります。 単純に3階(3,000円)と数える所もあるようです。尚、介護タクシーの階段介助は、ご利用者は車椅子に乗ったまま昇降する介助です。 詳しくは、こちらも合わせてご覧ください。
階段介助について 

川崎市 多摩区の介護タクシー 福祉タクシー 5.歩行介助
自歩行できるが、ふらつきがある。携帯ボンベを利用している。リハビリ中・・・等で、歩行のサポートを行う必要がある場合生じる介助。1乗車1,000円程度。 尚、階段の歩行介助は「階段介助」扱いとする所もありますので、依頼の際には確認して下さい。

6.整容や排泄介助
外出前の着替えやトイレ介助。通常は、ご家族、ヘルパーや看護師が行ないますので、介護タクシーが請ける事は殆どありませんが、一人暮らしの方や、 ご高齢の世帯から稀に依頼される事があります。

7.機器介助
ストレッチャーやリクライニング車椅子等の機器、特殊器具を使用した場合、レンタル代とは別に、操作料を設定している業者もあります。

8.複数介助
介護タクシーは、ドライバー一名で運転・介助を行なっていますが、階段や間取り・動線やご利用者の状態等で、移動や搬送が一人では難しい場合や 長距離長時間の移動で、別途、ヘルパーや看護師が傍に待機する必要がある場合など、二人介助等の対応を行ないます。

9.特殊介助
基本(乗降)介助を通常介助・一般介助とし、上記に記載した各種介助や付添等含め、特殊介助と呼び一纏めにしている所もあります。 特殊、特別な介助と言うより、ご利用者事に必要な介助が異なるので、汎用的に使える用語、便宜的な呼称として使われています。提供側には便利な表現ですが、 それぞれの介助を一括で計上しますので、ご利用者側は、提供されたサービスとの妥当性や整合性が確認できなくなります。

10.その他
アプローチ段差、未舗装、坂道、狭小地や動線上に障害物がある場合。マンションや病院等のエレベーター。抱える。おぶる・・・多様な介助が存在します。
介助料以外のオプションについては、こちらで説明しています。 介助料他

介助料の計算
冒頭 *1 のケースであれば以下の介助料が考えられます。往復した場合、倍の料金になります。
介助料項目 加算例 当社
ベッドから車椅子 移乗介助 1,000円 基本介助料 15分 500円
階段1階分   1,000円
身体介助加算   500円
部屋から廊下 室内介助 1,000円
道路までの階段 階段介助 1,000円
車椅子で車内 基本介助 1,000円
介助料合計   4,000円 2,000円
ドライバーは流れでこなしますので、ご利用者、ご家族には、どんな介助(介助料)が生じているか分かりません。 細かく加算するかは業者次第ですが、基本介助料だけでは収まらない例です。現着し、一見すればどの様な介助が必要で、 どのくらい費用が掛かるかは、その場で判断できますが、この段階で「高いから結構です」「階段だけお願いします」とはご利用者も言い辛いと思います。 乗車するまでに介助が必要な場合は、事前に確認しておきましょう。

費用はどこも同じ・・・ではありません


川崎市 多摩区の介護タクシー 福祉タクシー 介助料には明確な基準が存在しません。その為、分かり辛い部分となっており、ブラックボックス化しています。 初めてのご利用や、一時的なご利用など、馴染みが無い場合は、仕組みや体系を理解するのは難しと思います。 ご利用の際には、しっかり説明を受け、複数の業者から見積もりを取る事をお勧めします。

・予約がなかなか取れない。数件電話してやっと取れた。見積もりや料金の確認までには気が回りません。 「全部で◯◯◯◯円になります」内訳の説明も無く、言われるがまま支払った・・・費用と中身が伴わず、嫌な思いをされた方は 「介護タクシーは高い」「ぼったくられた」と感じてしまいます。

・病院間の転院や退院、施設からの通院や転居では、病院施設側で介護タクシーを手配してくれる所もあります。ご自宅に比べ、環境が整って(ベッドや手すり等の設備、 スロープやエレベーター等の動線。看護師・介護士等の人的フォロー)いますので、現地での待ち時間は生じても、搬送そのものは、比較的スムーズに行なえます。 介助料が高額になる理由は少ないですが、間際で決まる事が多いので、相見積り等を行なっている時間がありません。手配を任せた場合、 費用と内容の確認は行なっておいた方が安心です。

・介護タクシーを呼んだつもりが、来たのは普通のタクシーだった。業務範囲は介護タクシー業者で異なります。ドアtoドアとしている場合、 ご利用者の指示、依頼が無い限り、玄関前で待ち、目的地で降車して終わり。となります。前途のご利用者は、+αのサービスを期待(要望) されていたのでしょう。結果、普通のタクシーと同じ。との印象を持たれたと思われます。好意で動く業者、指示で動く業者、打算で動く業者等、様々です。 トラブルを防ぐ意味でも、申し込む段階で、求めるサービスを伝えておく必要はあります。

・施設等へ入居されている方であれば、施設側で送迎をしてくれる所もあります。ディ併設等の施設では、他のご利用者の送迎業務がありますので、 空き時間に限定されますが、介護タクシーを頼む前に相談されてみて下さい。

・保険が使える「介護保険タクシー」や、非営利団体等が運営する「福祉有償運送」など、似たようなサービスが存在しますが、利用方法や体系がまったく異なります。
詳しくはこちら。 営業形態

川崎市 多摩区の介護タクシー 福祉タクシー 医療介護福祉サービスは、保険制度が機能しており、患者、ご利用者の負担は低く抑えられ、事業者側は厳しく管理されています。一方、介護タクシーは自費サービスで、 知名度も低く浸透しきれていません。「介護」と付いていても、管轄は厚労省ではなく国交省になり、運賃以外のサービスには規定がありません。 参入する業者も介護福祉に限定されず、介護施設等に比べ参入障壁が低い事もあり、ごく一部でしょうが、残念な業者も存在しているようです。

満足度は個人の価値基準に左右されます。例え費用が掛かっても、根拠が明確で、ご利用者が納得される質と実、コストパフォーマンスが提供されれば、 介護タクシーの存在理由は評価されるはずです。できれば、あまりお世話になりたくないサービスですが、ご利用者、ご家族にとって、外出は切実な問題です。 予定が決まっていれば、余裕を持って手配して下さい。費用面のみならず、接遇等々も含め、ご自身に合った「満足」を提供できる業者に巡り合えればと思います。

Copyright(c) 2018 Silver Taxi. All Rights Reserved.