川崎市 髙津区の介護タクシー 福祉タクシー

川崎市 麻生区、多摩区、宮前区、横浜市 青葉区、都筑区とその周辺地域を中心に

介護福祉タクシーを運営しています。
発着地いずれかが「神奈川県」であればご利用できます。

よくあるご質問

介護福祉タクシーに関するご質問。


Q&A

ご質問 ご回答
介護保険は使えますか? 介護保険上の指定事業者ではありませんので、介助料金は保険適用にはなりません。自費でのサービスとなります。
要支援・介護認定が無ければ利用できないのですか? 介護保険を利用しないサービスですので、認定等の必要はありません。車イス利用も絶対条件ではありません。杖、歩行器は勿論、 怪我や病気、自歩行可能な方でも、移動に難を覚える方であれば利用できます。用途にも制限はありません。
診察が終わる迄待って貰えますか? 終わるまでお待ちする事は出来ますが、その間タクシーメーターが回ります(1分50秒/90円)ので、お待ちする時間によっては待機料 (30分1000円)を別途頂戴するか、終了後、ご連絡を頂きお迎えに伺うようにしています。
「迎車料金は2kmを限度とし実車扱い」とはどう言う意味ですか? お迎えに向かう際、事業所(車庫)を出る時に「メーター」を動かします。但し、お迎え先が2kmを超えても迎車中は料金が上がりません。

お迎え先までの距離が1km:
迎車で1km走りますので、残り1kmは710円(初乗り運賃内)で走り、2Km走りきると加算運賃(90円)が始まります。

お迎え先までの距離が3km:
迎車で既に3km走っていますので、乗車(実車)した時点で加算運賃が発生します。

スリップ制度と呼ばれ、2km以上の迎車距離でも2km(初乗り運賃)でストップする仕組みの事です。固定制は、距離に関係なく迎車料金を一律で設定 します。
当日、行先変更は可能ですか。 可能な限りご希望に添うよう努力いたしますが、スケジュールの都合上ご希望に添えない場合もございます。 貸切でのご利用の場合、時間内であれば行先を変更する事も可能です。
深夜料金の仕組みはどうなっているのですか? 深夜早朝(22:00~翌5:00)は運賃2割増となります。夜中利用されると、メーターの上りが早く感じられると思います。

深夜早朝料金は、同じ料金でも走れる距離が2割短くなると言うものです。これは、一般タクシーも介護タクシーも同じです。 昼間は最初の2.0kmで710円、その後300mごとに90円づつ加算されます。 これが深夜早朝帯では、最初の1.6kmで710円、その後250mごとに90円加算される料金体系になります。 そのため昼間よりも早く料金が上がり、同じ行先でも昼間の料金より2割程高くなります。
          
深夜早朝帯の料金計算
2000m(初乗り距離)÷1.2=1666m
300m(加算距離)÷1.2=250m
*当社の料金体系です。初乗り/加算運賃は業者事で異なります。           
業者によって、同じ行先でも費用が異なるのはなぜですか。 介護タクシーの料金は、運賃、介助料、オプションで構成されていますが、業者によって設定単価が異なります。 運賃(初乗)は国の決まりがあり、京浜地区であれば、普通車で690円~730円いずれかを設定します。加算料金も同様に、 293M~310Mで90円の設定を行います。単価の差額や、移動ルートの違いで同じ行先でも料金が業者事で異なってまいります。 介助料などの費用は業者独自の設定ですので、それらを合計する事で同じ行先でも異なる料金になります。ご利用の際には、 複数社から見積もりされると良いでしょう。
キャンセル料は発生しますか キャンセルの場合、初乗り料金+基本介助料+手数料相当分を頂いております。 介護タクシーは予約制の為、その時間帯に他のご依頼が入ってもお断りしている関係上、キャンセル料を頂いて おります。ご了承ください。
Copyright(c) 2018 Silver Taxi. All Rights Reserved.